便秘の悩み対処法

便秘の悩み解消

一日一度お通じがあるのが理想的ですが、何日もお通じがなかったり、毎日お通じがあっても少量しか出ないというのは便秘であるといえます。

便秘には弛緩性、直腸性、けいれん性3つの種類があります。 弛緩性便秘は腹筋が弱ることで便を押し出す力が低下していることが原因です。 高齢者や妊婦多いタイプです。 適度な運動をして筋肉が弱らないようにすることが大切です。

また繊維質の摂取と水分補給に気を付けて便が固くならないようにすることも大切です。 直腸性の便秘は女性に多く見られます。 便意を催しても家事や子育て、仕事などでトイレに行くタイミングを逃してしまい、そのうち便意が消えてしまうのです。

すると水分が腸から吸収され、便が硬くなってしまいます。 そうしているうちに便意を感じて便が肛門ちかくまで下りてきていても硬くてなかなか出なくなってしまうのです。 水分をしっかりとって腹部をマッサージするなど腸の動きを促すようにします。 そして便意を感じたら我慢せずにタイミングよくトイレに行く習慣をつけることが大切です。

けいれん性の便秘は、ストレスなどで腸が過敏になりけいれんを起こしている状態です。 そのため便の通りが悪くなり、便意があっても出なかったり、コロコロした便しか出なくなってしまいます。

上手にストレスを発散するように心がけることや、睡眠不足や運動不足にならないように規則正しい生活を送り、食事もバランスのとれたものを摂るようにすることで快方に向かっていくでしょう。 便秘になると肌が荒れたり、精神的にもイライラしてしまいます。 また便秘が続くと悪玉菌が増殖し腐敗発酵することでが発生し、口臭や体臭にも悩まされることになってしまいます。

慢性的にお腹が張って食欲不振になったり、急激に激しい腹痛が起こることもあります。 便秘を長期にわたって放置していることで大腸がんになる恐れもあります そのように心身の不調をきたす便秘は治してすがすがしい気分で毎日を送りたいものです。

根本的な便秘対策としてはやはり腸内環境を良好に保つことが大切です。腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでいて善玉菌が優性の時にはあまり便秘になりません。よくヨーグルトや乳酸菌が便秘に良いというのは善玉菌の味方になってくれる成分だからです。ヨーグルトからでも乳酸菌は取れますが、本格的に便秘対策をするなら乳酸菌が配合されたサプリメントを摂るのがオススメです。サプリメントならいつでも手軽に取れるので無理なく続けられます。乳酸菌サプリメントについて「乳酸菌サプリまるごとチェック」で探してみて下さい。

便秘があまりにもひどくて苦しい時には乳酸菌サプリだけでなく緩下剤を使用することも必要です。 そして日ごろから三食しっかり食事をとるようにします。 特に朝ごはんに水分や繊維質を摂取することで腸のぜんどう運動が促されます。 ヨーグルトなど腸内環境を整える食品を摂取することも必要です。

適度な運動も心掛け、そして同じような時間に毎日トイレに行く習慣をつけることも大切です。 腸の健康は血液もきれいにし体全体の健康にもつながるので、放置しないで改善するように心がけましょう。